神奈川県、新型コロナ情報集約にキントーンを活用

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症対策に関するさまざまな情報を集約する基盤として、キントーンが活用されています。(サイボウズ災害支援ライセンスとして提供)

キントーン上には、県内医療機関の診療状況をはじめ、帰国者・接触者相談センターからの情報もタイムリーに収集され、迅速かつ適切な対策が実施されるように、戦略的モニタリング基盤の役割を担っています。

 

また、それらの情報は、神奈川県版「新型コロナウイルス感染症対策サイト」として、医療機関の状況や県内の最新感染動向が、県民の皆さまへわかりやすく掲載されています。

 

担当者の声:

「キントーンの同時操作性で圧倒的に生産性が上がりました。在宅県職員なども作業分担で巻き込めています。」

 

サイボウズ災害支援チーム

「これらの情報収集と共有の仕組みが、より多くの自治体で活用され、新型コロナウイルス感染症対策の情報を必要としている全国各地の皆さまに迅速に届くように協力してまいります。」

神奈川県 新型コロナウイルス感染症 対策サイト外部サイト